扇風機/サーキュレーター

夏場のエアコン設定温度を30℃にしよう、などという動きもありますが、そうなるとクーラーだけでは暑さを凌ぐことは難しくなります。

そこで改めて存在が注目されそうなのが「扇風機」や「サーキュレーター」。
クーラーの冷風を室内で効率よく循環させることで、電力消費量を抑えることができます。
もちろん、本来の機能としての送風機能で、クーラーを補う暑さ対策としても活躍します。
比較的安価に手に入るので、手軽な省エネ家電として人気が出そうです。

扇風機には、使う場所に応じて色々なタイプがあります。

・床置型(リビング扇)
・壁掛け型
・卓上型、クリップ型
・スリム型
・ボックス型
・工業扇(羽根の長さが50センチ程度、直径が1メートル程度ある、大型の扇風機。工場や建設現場などでよく使われるほか、大勢の人が集まる場所でも使われます)
・シーリングファン(天井取り付け型)

また現在、日本国内で扇風機を製造・販売しているメーカーには次のような会社があります。
製品単価が安く、機能で差別化することも難しいため、大手メーカーの中には製造販売から撤退した会社も多いです。

・三洋電機
・東芝
・三菱電機
・ユーイング(森田電工から社名変更)
・山善
・千住(「TEKNOS」ブランド)
・トヨトミ
・ユアサプライムス(「YUASA」ブランド)

「扇風機」「サーキュレーター」の注文ならこちら:
【Amazon】暑さ対策ストア

※扇風機、サーキュレーター、リビング扇風機、卓上扇風機などが豊富に揃っています。

カテゴリー: 扇風機   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。